忍者ブログ
スポーツチャンバラというニュースポーツに関して                                                                                         【盾の人】が個人的な意見や感想を書くブログです。                                                                                        あくまで個人ブログですので、公式な情報に関しては                                                                                        スポーツチャンバラ協会公式HP及び認定HPをご覧ください。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 剣術を追求した代表としてサムライがいるように、拳銃の扱いを追及した代表としてガンマンがいます。

 ここでサムライガンマンとかいう単語が思い浮かんでしまった人は盾の人とオトモダチになれるかもしれません。

 まあそれはともかく、そんなガンマンの技術を継承する人の映像です。

拍手[0回]

 ラストサムライという映画がありました。
 近代化していく日本では軍隊の役割も変わっていき、銃を用いた歩兵が戦場の主役になって行く中で、役割を終えようとするサムライ達による最後の戦いを描いた名作です。
 当然、合戦シーンがいくつもあって、その中でも印象が強かったのが騎馬による突撃でした。
 銃撃で倒れた仲間を飛び越え、敵陣になだれ込み、歩兵を跳ね飛ばし、蹴散らしていきます。

 実際には馬は臆病な動物なので、自然にこのような事は出来ません。柵を飛び越えるのにも並々ならぬ訓練が必要だそうで、映画ではCGによる合成で作られているそうです。動物愛護団体の目もあり、軍馬と呼ばれるような昔の戦場で使われたような馬がいない以上、当然ですね。

 この映画で見られる騎馬の動きは実に想像しやすいモノでした。武器や戦争についつい興奮してしまう男の子回路を持った盾の人としても、これ以上の動きは全然知らなかったし、考えてもいませんでした。

 この動画を見るまでは。




拍手[0回]

 藍は青より出でて青より青し。
 と言うことで青い人からあらゆるものを受け継ぐ弟子、藍の人が回ったり逆手に持ったり絶叫したりします。師匠である青い人や、それと互角に戦う盾の人を「人間じゃない」とか言ったりする失敬な輩です。

 対するは主治医が「ダメだ」と言うほどの腰の故障を持ったまま世界を取ってしまうイイ根性した強い人。イマイチ良い呼び名が思いつかないので適当です。あとでまた変わるかもしれないので悪しからず。

 一般的なスポチャンの勝負は、無駄の無い一撃必殺の勝負になりますが、ここではまるでマンガやゲームのようにド派手な技が乱発されます。こういった戦い方も、ネタで終わらせずに技として鍛え上げる人は大好きです。

拍手[0回]

 盾の人の楯小太刀vs青い人の二刀です。
 防御9割の盾の人と攻撃9割の青い人にとって、お互いが凸と凹の形になり、常に白熱した勝負になります。
 2003年全日本選手権の異種決勝戦を最後に試合で当たることは無くなりましたが、たまに練習で戦ってもこんな感じになります。

拍手[0回]

ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新コメント
[04/26 上に同じ]
[04/26 とある杖選手]
[05/14 青い人]
[05/06 亀の人]
[04/28 青い人]
最新CM
[04/26 上に同じ]
[04/26 とある杖選手]
[05/14 青い人]
[05/06 亀の人]
[04/28 青い人]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
盾の人
性別:
男性
自己紹介:
身長178cm 体重65~8kg

杖以外は一通り扱える
 マルチプレイヤーモドキ
使う得物ごとに
 動きを変えるのが信条

2001年 世界大会
 短刀の部 優勝
2003年 全日本大会
 グランドチャンピオン
2004年 世界大会
 楯小太刀の部 優勝
2005年 世界大会
 楯小太刀の部 優勝
2006年
 国際スポチャン協会
 日本スポチャン協会
  優秀指導者賞
   10位 受賞
バーコード
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]