忍者ブログ
スポーツチャンバラというニュースポーツに関して                                                                                         【盾の人】が個人的な意見や感想を書くブログです。                                                                                        あくまで個人ブログですので、公式な情報に関しては                                                                                        スポーツチャンバラ協会公式HP及び認定HPをご覧ください。
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [35]  [34]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近、ずっと頭の中を回り続けている映像が有ります。
 Flash職人「み~や」氏の作品、『ガラクタノカミサマ』というお話です。
 正味4分ほどの近未来SFファンタジーもどきのバトルアニメーション。これが延々頭の中をリフレインします。何日も何日も。

拍手[0回]


 その街ではカミサマによって全てが決められ、
 人々の望む理想郷へと導かれていきます。
 しかし、急速に発展したその街で、
 人々に笑顔は見られませんでした。
 誰もがカミサマの言うままに動くあやつり人形で、
 たとえどんな命令でも従います。
 カミサマによって妹を奪われた麻生ケイスケ。
 全てを失った身で単身、カミサマの下へ斬り込みます。
 群がる敵を打ち倒し、満身創痍でたどり着きます。
 しかし、彼の想いは通じません。
 
 この作品、見ていただければ分かると思いますが、主人公はこの麻生ケイスケです。が、名も無いワンピースの少女を中心に見ても面白いですね。

 カミサマによって両親を殺された少女。
 その事に怒りを表しますが、誰も耳を傾けません。
 少年達は言います。「俺達に何が出来る」
 夜、少女はカミサマの神殿へと向かいます。
 銃を持って。
 しかしその途中、剣を持つ少年に止められます。
 その少年に少女は言います。「子供に何が分かる」
 少年は少女の銃を切り払います。「子供に何が出来る」
 言われた少女は悔し涙を流して引き返します。
 が、カミサマは少女を見逃しませんでした。
 群集に追い詰められる少女。止めを刺されるその時、
 銃を持つ男に飛び掛ったのは「俺達に何が出来る」と言った少年でした。
 「子供に何が分かる」「子供に何が出来る」
 しかし、大切なものを失った心を分かり、
 何かをしようとしたのは、その子供だけでした。

 ではこの少年を中心に見るとどうでしょう?

 「俺達に何が出来る」
 両親を殺された少女の叫びに、少年は冷たく言い捨てます。
 翌日、その少女は群集によって追い詰められます。
 少年にとってその少女はどんな存在だったのでしょうか。
 ただの知り合いか、友人か、それとも特別な何かだったのか、
 大切なものを奪われ、叫んだ少女を見捨てたはずの少年が、
 少女の命が奪われるその瞬間、群集を掻き分け、飛び出します。
 銃を持つ男に飛び掛る少年。
 しかし、結局は何も出来なかったのですが。

 民衆はどうでしょう?

 人間は愚かで、いつも争い、滅びを繰り返してしまいます。
 だから自らの手でカミサマを作り、それに従うことにしました。
 人々はカミサマの言う通り、どんなことでも従います。
 街は急速に発展し、理想郷まであと少しというところに来ます。
 しかし、人々に笑顔はありません。
 理想郷のため、己を殺してカミサマに従っているのです。
 たとえそれが愚かな人々自身が作ったガラクタノカミサマでも。

 色々な考え、様々な決断。人間、生きていれば何かしらあるでしょう。強い力に従い流されるのか、馬鹿正直にそれに逆らうのか。
 そんなこんなで頭の中がマーブル模様になっている盾の人です。いや現在何かに迷っているとかではなく、これを如何に伝えるか、無い知恵を絞って考えているうちに支離滅裂になっていくガラクタの脳みそです。
 眠いのでこれで終了。本当にわけの分からない記事になりました。反省はしていない。





 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご馳走様です
すごく感動する形でまとめていただいて、なんというか・・・ こんな意味があったのかなあと思いました。ありがとうございました。
鹿目派芽波 2007/08/03(Fri)16:46:05 編集
盾の人
 お粗末さまでした。
 ひょっとするとご馳走様はこちらのセリフかもしれませんが。
 ちなみにどうでも良い話なのですが、そのHNを見てB.B.Jokerの『鹿めッ面』というネタが頭をよぎりました。
 こんなどうしようもない脳ミソから出てきた感想です。
 お粗末さまでした。
【2007/08/05 02:12】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ガラクタノカミサマ
ガラクタノカミサマ という作品があるのですがそれについて私の師匠 が書いていたので せっかくなのでトラックバック この作品もともと好きだったのですが、先生のブログを読んでいると改めて、奥が深いなと思います。 私はカミサマが決めた理想郷で笑わず逆らわず死んだ
URL 2007/06/01(Fri)02:17:58
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新コメント
[04/26 上に同じ]
[04/26 とある杖選手]
[05/14 青い人]
[05/06 亀の人]
[04/28 青い人]
最新CM
[04/26 上に同じ]
[04/26 とある杖選手]
[05/14 青い人]
[05/06 亀の人]
[04/28 青い人]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
盾の人
性別:
男性
自己紹介:
身長178cm 体重65~8kg

杖以外は一通り扱える
 マルチプレイヤーモドキ
使う得物ごとに
 動きを変えるのが信条

2001年 世界大会
 短刀の部 優勝
2003年 全日本大会
 グランドチャンピオン
2004年 世界大会
 楯小太刀の部 優勝
2005年 世界大会
 楯小太刀の部 優勝
2006年
 国際スポチャン協会
 日本スポチャン協会
  優秀指導者賞
   10位 受賞
バーコード
アクセス解析
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]